blog

2011年6月 6日 20:14

6/18 SUPER FIGHT出場ボーラーインタビュー
 
Check    

http://hoopers.jp/HOOPERS_20110618_superfight.jpg

TOPリーグvsHOOPERS!団体の枠を越えたドリームマッチが実現!!

開幕戦から一ヵ月半、二戦目を迎える公式戦もさることながら、スペシャルなエキジビションマッチが用意された、「HOOPERS」第二戦。国内トップリーグ「JBL」と「bjリーグ」の現役ボーラー、それも中途半端なレベルじゃないトップボーラー同士の融合。そして、日本バスケ界の異端児集団、「HOOPERS」ボーラーとの激突。ドリームマッチにして、団体対抗戦、否が応にも大注目の歴史的一戦となった。その顔ぶれは、「bjリーグ」で唯一、5年連続オールスターに選出されるなどNo.1ガードとしての座を不動のものとする東京アパッチ・青木康平。大学インカレで優秀賞、得点王、ディフェンス王、3P王、MIPの5冠を総なめにし、「JBL」北海道でも主力を務める阿部友和。そして、大学オールスターに選出された経歴を持ちながらも、卒業後は「HOOPERS」の前身=ストリートボールリーグ「LEGEND」に所属、その後「bjリーグ」高松へと異色のキャリアを歩む鈴木正晃。プロチームは、両TOPリーグの中でも極めてオフェンシブな3名が出揃った。
迎え撃つ「HOOPERS」も、CHIHIRO、DELA、SOGENと、珠玉の3名を選出。そのキャリアと、何よりこの舞台に立ってくれる姿勢に大いなるリスペクトを抱きながらも、至って本気、華を持たす気などサラサラない、ガチのメンバーをぶつけてきた。「プロのプライド」。「ホームコートのプライド」。「絶対に負けられない戦い」。互いの意地と誇りをかけた世紀の一戦は、6月18日@ディファ有明。エキジビションマッチとは名ばかり、観客がビビリ上がり、日本バスケ界がぶち上がるようなリアルファイトに期待したい。刮目せよ!




■CHIHIRO
Q. 凄いメンバーとの対決となりましたね。
CHIHIRO「こう言う機会がある度に毎回思うんだけど、トップリーグからこうした場所にプレイしに来てくれるのはマジでありがたいっすね。そんでもって今回はその対戦相手に自分が選ばれてマジ光栄。県大会にすら出れなかった高校時代を過ごした俺が、あの人達相手にばんばんドライブかましたら、いま上手くいかなくてくすぶってる若い奴らに、何かしら刺激を与えることができるんじゃねーかなって思ってるんで。だからこそハンパなプレイはしちゃいかんし、全力尽くしてむちゃくちゃアツいゲームがしたい!」

Q. ではどんな部分で勝負をしたいと思っていますか?
CHIHIRO「なんだかんだ言って大事なのはやっぱ気持ちかな。後は自分が信じ続けた1on1を貫いて、真っ向から勝負してーって思ってる。」

Q. 誰とマッチアップしたいですか?
CHIHIRO「阿部選手とやりたい。実は大学時代からのファンなんです(笑)。それにストリート界のパイオニアの康平さんともやっぱやってみたいっす!あのオーラを肌で感じてみたい。K2O(鈴木選手)とはLEGENDの時もかなりやり合ったけど、高松行ってさらに凄くなってるだろうし、久々にがっつしやり合いたい。ってことで選べません(笑)。ラウンドごとにマッチアップ替えたりして(笑)。まあでも、誰とやっても俺は俺の1on1を貫くだけっすわ!!」



■DELA
Q トップリーグ選手との全面対決ですね。
DELA「まずこんなマッチメイクを作ってくれたことに感謝。同時にHOOPERS代表として対戦できることに、興奮と大きな責任を感じてる。でもとことん楽しみたいね。勝つ為に最高のパフォーマンスをするよ。相手チームはこのHOOPERSの舞台に立ってくれて本当にリスペクトだよね。逆に俺らは自分らのフィールドで戦うわけで、絶対に負けられないと思ってる。意地がある。気持ちは挑戦者のつもりだよ。」

Q 両チームを分析すると?
DELA「HOOPERS側のチームに不安要素は一切感じてない。最高のメンバー。気持ちが前に出るし、ミナギるし、ブレない。あの2人と組めるのをずっと楽しみにしてたんだ。まさかこのタイミングで来るかー!って感じ。最高すぎる。相手チームはみんな1on1が強いから、そこは要注意だろうなー。まあこっちも相当強いぜって思ってる。向こうよりこっちの方がチームケミストリーは起こりそうだけど、まあ1on1重視のやられたらやり返すスタイルになりそうだから、あんま関係ないか(笑)。そしてこっちは"ミナギり"がハンパじゃないし、良いバイブスが生まれると思う。期待できるね。」

Q 対決してみたい相手は?
DELA「もちろん3人全員とマッチアップしたい。特に阿部選手とはとことんやり合いたいな。康平さんはずっと憧れてたし、対決できて本当に光栄。全力で挑みたい。K2Oはストリートでは同じチーム(420)だし、思い入れも強いよ。またこんな場所で戦えることを幸せに思ってる!当日の為にしっかり準備してるし、どんなプレイをするか楽しみにしてて欲しいな。この勝負は是非現場で体感して欲しい。会場でみんなでブチあがってる光景が目に浮かぶよね。待ち遠しい!俺らのストリートボールの価値がまたひとつ上がる様なゲームにしたいと思ってるよ。」



■SOGEN
Q. この度の一戦、どんなゲームにしたいですか?
SOGEN「日本のストリートボール史上最高のゲームにしたい。そうなる可能性があるマッチメイクだと思うよ。よくやったHOOPERSって感じ(笑)。自分が本物なのかどうかを証明するゲームにしたいな。」

Q. キャリア的には相手が有利に思えますが...
SOGEN「DELAとCHIHIROを完璧に止めるのは、トップリーグの選手と言えど不可能だよ。だからキャリア云々を考えても不利だとは思わない。後は俺がどれくらい通用するかが勝敗を分けると思ってる。トップリーグ選手を相手に、俺ら3人がどれだけ自分のスタイルを出し切れるかが勝負の鍵だろうな。」

Q. 相手のチームで最も注目してるのは?
SOGEN「阿部選手が一番楽しみかな。今まで実際に見たドライブの中でも、スピードもキレも強さもトップクラスだと思う。それを止めてみたいし、逆に抜いてみたい。俺が今まで歩んできたバスケ人生で学んだプレイを、トップリーグの選手に喰らわせてやりたいね。」

イベントの詳細

- Tag:
- Category:
INTERVIEW


NEXTGAMEスケジュール

NEWSニュース

aktrbana
e-supple
日本スポーツコート