blog

2015年5月 1日 10:43

SHIBATAのトレーニングQ&A:「超回復理論の真偽」
 
Check    
HOOPERSオフィシャルトレーナー:SHIBATA(柴田明)が、
あなたのトレーニングやフィジカルに関する質問・お悩みに回答!
(HOOPERSメルマガにて連載中)

HIDETHEWALL_title_132.jpg

第132回「超回復理論の真偽」

Q. 「超回復理論は迷信だと聞きました。
筋トレは毎日してもいいということですか
48時間から72時間休息が必要だと言われてますが、そんなことはないのですか?」


SHIBATA「超回復理論は迷信とまでは言いませんが、適当だと思っています。

100mのベストタイムが10秒と20秒の人がいて、
20秒で走るトレーニングを行った場合の疲労度は違います。
スクワット 200kgの人と100kgの人が、100kgでトレーニングした場合の疲労度は違います。
同じ人が同じトレーニングをしても、
栄養・休養が十分に取れていれば回復は早くなりますし、
年齢によっても変わります。
超回復を起こすために必要な前提条件があまりにもいい加減なので、
超回復理論は適当だと考えています。

ただしトレーニングした後に休んだ方がいいのは事実。
毎日してもいいわけではありません。
だからと言って、誰もが運動後、48~72時間休む事が必要と言うわけではありません。
そもそも"超回復理論とは筋のグリコーゲン"回復の理論。
運動後48~72時間で筋肉を動かすエネルギーとなる
グリコーゲンの貯蔵量が増えると言うだけで、
筋力が回復されるとも、強くなると、筋肉量が増えるとも言っていません。
それが何故か、休めば筋力が上がると勘違いされて伝わっているだけです。
風評被害って怖いですね。

運動後に必要な休養日数は、年齢、性別、体力、運動の習熟度、
栄養や休養の状態によって変わるので、超回復理論はあまり気にしないでください。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:


NEXTGAMEスケジュール

NEWSニュース

aktrbana
e-supple
日本スポーツコート