blog

2015年1月26日 12:17

 
Check    
ボーラーとして上を目指していれば、必ず訪れる挑戦の時。
真正面から挑むこともあれば、振り返ってみて、あの時やっておけばと思うことも。
そんな挑戦にまつわる経験を、今回はMZに聞いてみた。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150126.jpg

「『Legend』に参戦するための、トライアウトに挑戦したこと。
Legendを知る前までは、全くストリートバスケって何なのか分からなかったし、
自分には無縁なものだと思ってた。
だけど、Legendのイベントを始めて見たときに、かなりの衝撃を受けた。
それは箱イベントだったんだけど、ボーラーと観客の熱気と迫力に圧倒されて、
いつの間にか"俺もこの場所でバスケがしてみたい"って強く思ってた。
それでLegendのトライアウトに挑戦した。
俺にとっては、大きな一歩を踏み出した感じがしてた。
あの時に挑戦してなかったら、
今このメルマガでこんなこと言ってもいないわけだしね(笑)。」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年1月23日 13:41

 
Check    
HOOPERSオフィシャルトレーナー:SHIBATA(柴田明)が、
あなたのトレーニングやフィジカルに関する質問・お悩みに回答!
(HOOPERSメルマガにて連載中)

HIDETHEWALL_title_118.jpg

第118回「体力回復のためのトレーニング」

Q. 「以前テレビ番組であるダンスボーカルグループが、
ライブ途中のMCをする短時間で、出来るだけ体力を回復するための
トレーニングを行っていると言っていました。
バスケットでもハーフタイムやピリオドごとの短い時間で、
どれだけ回復できるかが重要だと考えています。
その為のトレーニング方法を教えて下さい!」


SHIBATA「運動中の筋肉に蓄積する疲労物質の代表格は乳酸。
ですが乳酸は酸素と結合するとエネルギー源にもなる性質があります。

急に運動を止めると、呼吸が低下し、酸素の取り込みが低下するので、
乳酸が筋肉に蓄積されて行き疲労が強くなります。

反対に運動強度を徐々に下げ、心拍数がある程度高いままを維持し
酸素を体に送り込めば、乳酸の蓄積は抑えられ疲労は軽減されます。

ピリオド毎に運動する必要はありませんが、
ハーフタイム中にシューティングやジョギングなどで
軽く息を上げると疲労の軽減に効果があると考えらるので
取り入れてみてはいかがでしょうか。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:

 
 

2015年1月22日 13:54

 
Check    
長いバスケ人生の中で、一度は遭遇するであろうミラクル。
その取って置きの経験を、今回はぬまに語ってもらった。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150122.jpg

「自分の奇跡の瞬間は、恐らく今後これを越えることはないと思います。
高校3年生時の千葉県インターハイ予選。
上位2位までがインターハイへの千葉県予選。
過去の大会、常に市立船橋と決勝で凌ぎを削っていたので、
2位までには入りインターハイは確実と言われていました。
まさかの八千代高校に敗北。
(八千代高校には勉族の仮エース、テツがいて、1年生でした。)
ラストの試合、今まで勝利をしたことのない市立船橋に勝たないと
全国へは行けない状況に...。

勝ちました。

それはそれは大接戦で、言葉では言い表すことができません。
でも今まで見たことない、監督・コーチの涙...。
それはそれは奇跡でした。
ズン。」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年1月21日 15:11

 
Check    
大きな挑戦、大きなピンチ、そんな時に己を奮い立たせる、
"自分に言い聞かす言葉"とは?今回はCHRISの言葉。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150121.jpg

「なかなか難しいお題です...。
唱えていると言うか、心にいつも携えている言葉は、
『自分がいるチームが最後に勝つ』、ですかね。
決して"自分が勝たせてやる!"と言った気持ちではなくて、
"チームの為に本当に必要なことを誰よりも!"と言う感じですかね。
それはチームメイトに声をかけることかも知れないし、エキストラパスかも知れない。
シュートミスの後誰よりも早く戻る。小さなプレイ、ウィニングプレイが自然と出来る。
ハッスルする事で気持ちがのるからBIGショットが決まる。
究極0得点でも、それが自分の足跡を至る所に残す結果になります。」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年1月20日 09:37

 
Check    
ストリートでプレイする醍醐味、そのひとつがピックアップゲーム。
その場その時限りのメンバーでプレイする上での心得とは?今回はMZのやり方。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150120.jpg

「俺が心掛けてるのは、とにかく"自分のプレイスタイルをぶらさない"こと。
そして、"自分の見せ場は自分で作る"。ただそれだけ。
相手が誰だろうと、チームメイトに凄い奴がいても、
遠慮せず自分のプレイスタイルをバンバン押し出す。
遠慮してても何も始まらないし、おいしいところを誰かに持っていかれるだけ。
そんなんじゃつまらないよね。
たった一回のピックアップゲームでも、強い印象と存在感を残せれば、
そこから次に繋がる思わぬ展開が生まれるかも知れない。
あとは単純に、自分の知らないとこで、
"アイツはすげぇ"とか、"この間ハンパない奴がいた"とか、
噂されてたらちょっと嬉しいよね(笑)。
だから、どんなゲームでも自分のプレイスタイルを貫こうと決めてる。」

- Tag:
- Category:

 
 
<<PREV 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18
NEXTGAMEスケジュール

NEWSニュース

aktrbana
e-supple
日本スポーツコート