blog

2015年1月 9日 09:41

 
Check    
HOOPERSオフィシャルトレーナー:SHIBATA(柴田明)が、
あなたのトレーニングやフィジカルに関する質問・お悩みに回答!
(HOOPERSメルマガにて連載中)

HIDETHEWALL_title_116.jpg

第116回「パワーと持久力の関係」

Q. 「試合後半での下半身の筋力の維持ができず悩んでいます。
元々瞬発力も足りないと感じているので、
ラダーなどで瞬発力を鍛えながら、並行して筋持久力を鍛えたいと思っています。
トレーニングはどのように行っていけば良いでしょうか?」


SHIBATA「瞬発力も持久力も足りないと感じているなら、
体を動かすパワー不足かもしれません。

バスケは瞬発力が必要な競技。パワーの源になる脚の筋力が低ければ、
常に全力に近い力を出すことにが必要になり、疲労が多く蓄まります。

反対に脚の筋力があれば、同じ瞬発力を必要とする動きでも全力を出す必要が無くなり、
疲労が軽減されます。

片足でスクワットはできるでしょうか。
両手を腰に当て、片足で完全にしゃがみ3秒止め、
片足で立ちあがれないようなら、脚の筋力不足です。
まずは筋力を上げるトレーニングをしてください。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:

 
 

2015年1月 8日 10:50

 
Check    
大きな挑戦、大きなピンチ、そんな時に己を奮い立たせる、
"自分に言い聞かす言葉"とは?今回はNOBUCHIKAの言葉。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150108.jpg

「いつも自分に言い聞かせてる言葉は、『ディフェンスとリバウンド』だね。
やっぱりみんな大事な局面を迎えると、オフェンスに頭が向きがちだけど、
1番大事なのは守ること。
そんで絶対リバウンドをとって、自分が有利なオフェンスにまわる事を考えないと!
相手にリードされて打つ逆転シュートは、入れば確かに盛り上がるけど、外せば負けだ。
だから常に、相手にリードされない状態を作らなければならない。
じゃあ大事な場面だけじゃなく、結局最初から最後まで、『ディフェンスとリバウンド』か(笑)。
しかも俺はオフェンスを自由にやりたい人だからな。
ディフェンス頑張って、リバウンドとって、
常に有利なオフェンスをするという流れを作るために頑張る。
リバウンドがとにかく大事。
相手の責める回数を減らせるし、自分たちの攻撃回数を増やせるからね。
とにかく常にリバウンドに行く、その心構えが大切なんじゃないかな!」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年1月 7日 11:13

 
Check    
ボーラーとして上を目指していれば、必ず訪れる挑戦の時。
真正面から挑むこともあれば、振り返ってみて、あの時やっておけばと思うことも。
そんな挑戦にまつわる経験を、今回はDELAに聞いてみた。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150107.jpg

「やっぱり"プロへの挑戦"だね。
何回かトライアウトは受けていたけど、
最初は自分はどれくらいの実力なんだろう?みたいな力試しの感覚で受けてた。
でも2年前、その時は本気でプロになる覚悟で臨んだ。
あの挑戦があったから今がある。挑戦して良かったと思う。
それによって小さい頃の夢を叶えることができたんだから。
プロになってからは、それこそ挑戦の毎日だね。」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年1月 6日 14:12

 
Check    
ストリートでプレイする醍醐味、そのひとつがピックアップゲーム。
その場その時限りのメンバーでプレイする上での心得とは?今回はSHIGEOのやり方。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150106.jpg

「まずはその場にいるボーラー達が、
どんなプレイが好きなのかを見極める事が大事ですね。
仲間になったら、そのプレイをいかす。敵の場合は苦手な部分を攻める。
あとは自分のやりたいプレイを早めに出す。
それで信頼させて、自分にボールを集めるようにする事ですね。」

- Tag:
- Category:

 
 

2014年12月26日 10:42

 
Check    
もう今年も残りわずか。
この2014年を振り返ってみて、バスケットボールで手にした収穫とは?
CHRISに振り返ってもらった。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_141226.jpg

「2014は振り返れば、バスケを通じて"何を伝えていくか、発信出来るか"、
それにチャレンジできたんじゃないかと思ってる。
普段のNBA取材やコラムの執筆に加えて、『ABOVEマガジン』での連載や、
子供達に英語でバスケットボールの指導をする『えいごdeバスケ』など。
伝える事のその先、受け手を意識して携わってきた。
ひとつひとつの現場で今後も拘っていきたいし、
中途半端なものじゃ満足しない人が増えれば増えるほど、
日本のバスケットボール文化は成熟していくと思う。
2015は今を継続しながら、さらに『次』に繋げてく。
次世代、Next Generation、次の動き、Next Move!」

■最新WOWOW NBA コラム
「Fire the coach!」
http://www.wowow.co.jp/sports/nba/columns/cris141219_01.html

■『えいごdeバスケ』Facebook ページ
https://m.facebook.com/profile.php?id=1473161516256245

- Tag:
- Category:

 
 
<<PREV 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
NEXTGAMEスケジュール

NEWSニュース

aktrbana
e-supple
日本スポーツコート