blog

2014年12月10日 10:14

 
Check    
HOOPERSオフィシャルトレーナー:SHIBATA(柴田明)が、
あなたのトレーニングやフィジカルに関する質問・お悩みに回答!
(HOOPERSメルマガにて連載中)

HIDETHEWALL_title_113.jpg

第113回「下半身のトレーニングの重要性」

Q. 「DELA選手が以前、若い頃からもっと下半身を
トレーニングしておけば良かったと言っていました。その理由を教えて下さい!」


SHIBATA「バスケの体力的なこと(走る、跳ぶなど)に、
下半身のパワーを必要とするからだと思います。

ウエイトトレーニングと言うと、大半の人が、胸を鍛えるベンチプレスや、
腕を鍛えるアームカールなど上半身の種目をあげますが、
バスケに必要な体力をあまり鍛えられません。

競技レベルが上がるにつれて、もっと速く走る、もっと高く跳ぶ必要性に気付き、
下半身をトレーニングする重要性に気づいたのだと思います。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:

 
 

2014年12月 9日 10:42

 
Check    
若い才能を育てる立場でもあるHOOPERSボーラー達。
彼らが後輩に教える際に大事にしていることとは?
今回はHUMMERの場合。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_141209.jpg

「今の自分は、"若手を伸ばそう"とか、
"次の世代の為に..."とか考える事は特にしてなくて。
歳の上下関係なく同じ目線で練習して、
一緒に色んなシチュエーションを経験して、同じイメージを共有する。
そんなスタンスは心掛けてるね。
あとそもそも、自分がチームの若手なんですけど(笑)。」

- Tag:
- Category:

 
 

2014年12月 8日 12:12

 
Check    
ストリートでプレイする醍醐味、そのひとつがピックアップゲーム。
その場その時限りのメンバーでプレイする上での心得とは?今回はATSUSHIのやり方。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_141208.jpg

「ピックアップで心掛けてるのは、まずはしゃしゃる事。
初めてのメンバーに気を使っていたら、いつまでたっても自分がやりたいことはできない。
そこで役に立つのはやっぱり、自分の武器を持つこと。
初見のメンバーでも、1つの武器を認めてもらえれば、ボールは必ず自分のところに回ってくる。
そこでしっかり実績を残せば次に繋がる。
すると、次チームを組むときに必要な人間になれる。
それを積み重ねていけば、どんどん自分がやりたいことが出来るようになる。
しゃしゃる為には、その裏でしっかり準備しておかないといけない。
目先のことだけじゃなく、一見遠回りに見えても、
先を見据えた行動が結果的に近道になる。」

- Tag:
- Category:

 
 

2014年12月 5日 10:59

 
Check    
HOOPERSオフィシャルトレーナー:SHIBATA(柴田明)が、
あなたのトレーニングやフィジカルに関する質問・お悩みに回答!
(HOOPERSメルマガにて連載中)

HIDETHEWALL_title_112.jpg

第112回「間違った"根性論"」

Q. 「「日本のスポーツ界に根強くある"根性論"についてどう思いますか?
良い点もあるんでしょうか?」


SHIBATA「苦しいだけで強くなるなら、これほど楽な事はありません。
強くなるには根拠が必要。科学的に根拠があり、意味がある練習は
苦しいので、根拠がある根性は必要です。
英語でもgutsという単語がある通り、練習やゲーム中に根性という言葉を使うのは、
日本特有のものではありません

しかし、状況が追い込まれたり、根拠がない時ほど"根性"や
"頑張りが足りない"など根拠の無い精神論(これが日本型精神論だと思います。)
になりやすいので、気をつけてください。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:

 
 

2014年12月 4日 10:35

 
Check    
コート上でもそれ以外でも、常にハードワークし続けるボーラー達。
毎日タフに生きるために彼らが実践している疲労回復法とは?
今回はCHRISに教えてもらった。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_141204.jpg

「とにかく大学時代から、毎晩シャワーやお風呂の後にストレッチをしています。
今じゃストレッチをしないと寝れない身体に...
それもどうかと思うけど、睡眠の熟睡度が違います。
30歳になってbjに入ってからは、湯船に使ったり、交代浴をかなり取り入れた。
あとは"ここぞ!"って言う時は、相模原にある治療院に鍼をやりに行ってます。
そこまでしたらバッチリだね。」

- Tag:
- Category:

 
 
<<PREV 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23
NEXTGAMEスケジュール

NEWSニュース

aktrbana
e-supple
日本スポーツコート