blog

2014年11月26日 09:52

 
Check    
若い才能を育てる立場でもあるHOOPERSボーラー達。
彼らが後輩に教える際に大事にしていることとは?
今回はTICKTACKの場合。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_141126.jpg

「一番大切なところだけれども、
結構蔑ろにされているのが指導者自身の部分です。
人の話を聞く時って、内容より『誰』が話してるかによって、
聞き手の興味や関心、能動的に求める理解力がかなり変わってきます。
肥満の人からダイエットの話を聞いても響かないし、
貧乏な人が金儲けのノウハウを説いても、誰も耳を貸さないでしょう。

バスケットの指導も全く同じです。
先ずは指導者が日々自分自身に磨きをかける事、
自分自身の言葉に説得力を持たせることが最優先ではないのでしょうか?
指導者の方、もしくは目指す方がもしこれを読んでいるなら、
コーチングと同じくらい自分磨き、セルフブランディングに力を注いでみて下さい。
すぐに変化は見られないかもしれませんが、きっと何らかの形で変わってきますよ。」

- Tag:
- Category:

 
 

2014年11月25日 10:30

 
Check    
大きな挑戦、大きなピンチ、そんな時に己を奮い立たせる、
"自分に言い聞かす言葉"とは?今回はぬまの言葉。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_141125.jpg

「最近よく思う言葉は...

『大丈夫だ♪』

ですかね。
個人のことでも、チームのことでも、
自分達なりにバスケットに向かい合い、考え、行動しているつもりです。
あくまでもつもりですが、それが自信にも繋がると思っています。
ですから、もし試合で負けたらまた日々鍛錬。
努力すれば何だって解決に向かうので、いつも『大丈夫だ♪』と思えるのかなと...。」

- Tag:
- Category:

 
 

2014年11月21日 11:42

 
Check    
HIDETHEWALL_title_110.jpg

第110回「スポーツ整形外科で診てもらおう」

Q. 「私はいま中学2年です。
小3の二学期から陸上を、小4の終わりにバスケをはじめ、
小5くらいから両足のすねに痛みを感じるようになり、今も続いています。
痛みが強いため、本気でスポーツができません。
でも病院に行っても異常ないと言われます。どんな原因が考えられますか?」


SHIBATA「"シンスプリント"の可能性があると思います。
スポーツ専門の整形外科に行ってください。

"スポーツしたら痛い"は、普通の整形外科では正常と判断される事があるので、
スポーツ整形外科へ行きましょう。

知っている所がなければ下記のリンクから探してください。
http://www.atacknet.co.jp/clim01.html

シンスプリントは筋肉の炎症で、レントゲンでは何も写りません。
専門のドクターならMRIやスネを触る診断でわかるので、
スポーツ整形外科を受診しましょう。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:

 
 

2014年11月20日 10:38

 
Check    
ひたすらに自身を磨き続けるバスケットボール選手達。
彼らが目指す自身の"最終地点"とは?今回はダークロに聞いてみた。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_141120.jpg

「今の自分に満足していない。だからこそ、求めるものがある。
今できる環境の中で、頂点を目指したい。
応援してくれている人と喜び合いたい。
そのために突き進みたい。
先にある最終地点が良いのか悪いのか、正直わからない。
でも後悔しないようにやるしかない。」

- Tag:
- Category:

 
 

2014年11月19日 10:35

 
Check    
若い才能を育てる立場でもあるHOOPERSボーラー達。
彼らが後輩に教える際に大事にしていることとは?
今回はCHRISの場合。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_141119.jpg

「自分が指導する時に大切にしていることは、自分の頭で考えてもらう事。
WHY?なぜ?っていう事をコンスタントに問いかける。
納得もせずに、言われたからやっていては、身に付かない。
主体的な気づきをいかに多く作れるかって事。

後は、あえて年齢の違う選手を混ぜて、誰がリーダーシップをとっているか、
誰がついて行こうと必死に取り組んでいるかをよく見てるかな。
チームでもそうだけど、その組織の中で最善の行動を取る事、
お互いに責任を持つ事は、バスケ以上に大切だと思っているので、
10年後にバスケしててよかった!と感じる指導が常に目標です。

あと今やってる『えいごdeバスケ』では、
英語とバスケの両方で、心に残る喜びと
成功体験を提供出来るかを常に意識して行ってますね。」

- Tag:
- Category:

 
 
<<PREV 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
NEXTGAMEスケジュール

NEWSニュース

aktrbana
e-supple
日本スポーツコート