blog

2015年4月15日 14:27

 
Check    
同じ志しのも集い、様々な経験を共有するチームと言う組織。
長く続けるには様々な困難はつきもの。それらを乗り越えてゆく為に必要なものとは?
今回はTAIKIに聞いてみた。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150415

「チームを継続する上で、良い時、悪い時は必ずある。
どんな状況でも、コミュニケーションをしっかり取る事が何より大切。
そこを一番に意識してチーム作りをやってるよ。
大好きなものだからこそ、みんな真剣だし、ぶつかる時も沢山ある。
そういう時こそ、お互いをリスペクトする姿勢だったり、
自分から歩み寄って話をしたりする、そんなちょっとした思いやりが大事。
思いっ切り身体動かして、好きなことを出来る時間なんて人生でわずかな間だけ。
だから存分に楽しまないとね!」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年4月13日 10:37

 
Check    
ボーラー達を虜にする"ストリート"と言う空間。
体育館よりも明らかにタフな環境にも関わらず、魅了される理由とは?
今回はHUMMERにその醍醐味を聞いてみた。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150413.jpg

「やっぱり、自由なところ。
でも同時に、前にダークロが言ってた
『"ストリートの自由さ"とは、発想やプレイの表現が自由だということ』
って言うのに凄く共感するね。
なんでもかんでも好き勝手やっていい訳じゃない。
後は、室内の競技バスケだったら、対戦し得ないチームと戦えたり、
対戦し得ない選手とマッチアップができる事。
それもストリートの醍醐味だね。」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年4月10日 11:12

 
Check    
HOOPERSオフィシャルトレーナー:SHIBATA(柴田明)が、
あなたのトレーニングやフィジカルに関する質問・お悩みに回答!
(HOOPERSメルマガにて連載中)

HIDETHEWALL_title_129.jpg

第129回「効果的な疲労回復法」

Q. 「39才でバスケをやっています。
年齢のせいか、連日プレイすると
なかなか体がリセットされにくくなってきました。
練習の前後や、生活の中で、
少しでも疲れをためないコツがあれば教えて欲しいです。」


SHIBATA「疲労回復は運動後の"栄養補給の早さ"で差がつきます。
運動後は30分以内に、炭水化物+たんぱく質+ビタミンを摂る事が重要。
運動で損傷した筋肉に栄養が速く行く事がわかっているからです。
炭水化物だけ、たんぱく質だけを摂るより身体への吸収が速い。
吸収が速い分、疲労回復も速く始まる。

疲労回復に悩んでいるなら、運動後30分以内に、
たんぱく質が多く含まれるプロテインを
糖質とビタミン豊富な果汁100%ジュースで割って飲むことから始めましょう。

更に効果を高めたいのなら、より吸収が速い糖質"マルチデキストリン"もお勧め。
この成分を主原料としたサプリメントもありますが、
炭酸飲料にもよく含まれているので、
運動後は炭酸飲料を飲むのもお勧めしています(ノンカロリーでは意味がありませんが)。
試してみてください。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:

 
 

2015年4月 8日 10:32

 
Check    
同じ志しのも集い、様々な経験を共有するチームと言う組織。
長く続けるには様々な困難はつきもの。それらを乗り越えてゆく為に必要なものとは?
今回はMATSUに聞いてみた。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150408

「"当たり前と思わないこと"、これに尽きると思います。
場所を提供してくれる人がいる。
それを整えてくれる人がいる。
チームメイトがいる...。
勿論やりたいからやっているハズだけど、
それぞれが色々な物を犠牲にしてやっているのも事実。
今ある環境を当たり前と思わずに出来たら、
よりチームを大切にしていけると思いますね。」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年4月 6日 15:25

 
Check    
ボーラー達を虜にする"ストリート"と言う空間。
体育館よりも明らかにタフな環境にも関わらず、魅了される理由とは? 今回はダークロにその醍醐味を聞いてみた。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150406.jpg

「ストリートでプレイする醍醐味は、
オープンスペースの開放感や、観ている人との距離感。最高です。
そして何よりも自由にやれることですかね。
勘違いしてもらいたくないのが、自由でもルールがあってチームの約束事もあります。
私が思う"ストリートの自由さ"は、発想やプレイの表現が自由だということです。
真剣勝負の中でもチームカラーは様々です。」

- Tag:
- Category:

 
 
<<PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
NEXTGAMEスケジュール

NEWSニュース

aktrbana
e-supple
日本スポーツコート