blog

2015年3月23日 11:51

 
Check    
長いバスケ人生の中で、一度は遭遇するであろうミラクル。
その取って置きの経験を、今回はMZに語ってもらった。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_1503236.jpg

「クラブチームの関東大会に、神奈川県代表で出場したときの1回戦の出来事。
東京都代表のチームと対戦して、一進一退の攻防で、一つのミスも許されない試合だった。
試合終了間際、同点で相手チームのオフェンス、ボールを持っていたのが2mの選手。
相手はミスマッチを利用して、最後のオフェンスを仕掛けてきた。
負けたくない一心で、俺は自分のマークマンを捨てヘルプに行き、スティールを試みた。
そしたらまんまとスティールに成功。
そのまま速攻を仕掛けようとした瞬間に、ファールをされたと同時に試合終了だった。
電工掲示板をみたら、0.0秒同点スコア。

しかし、レフリーはファールが先とコールし、相手がチームファールを7回していたため、
俺にフリースローが与えられた。この時は正直、ブルった(笑)。
一本でも決めれば勝ち、しかし、2本全部外せば延長...。
延長なんか絶対したくないと思えば思うほど、
自分にプレッシャーがかかってきて最悪だった。
そんな中の1投目は案の定、外した...。
次もダメかもと思った時に、チームメイトが駆け寄ってきてくれて、
『延長にいっても、うちが勝つから大丈夫』って言ってくれたんだ。
お陰で気が楽になった俺は、2投目を成功させることが出来た。
そしてこの試合に勝った勢いで、決勝まで勝ち進むことができ、
見事優勝することができた。
これが、俺の奇跡の瞬間。」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年3月20日 12:46

 
Check    
HOOPERSオフィシャルトレーナー:SHIBATA(柴田明)が、
あなたのトレーニングやフィジカルに関する質問・お悩みに回答!
(HOOPERSメルマガにて連載中)

HIDETHEWALL_title_126.jpg

第126回「指導者のいない環境」

Q. 「コーチのいない高校バスケ部の者です。
4月から新入生が入ってきますが、
まずどの様なトレーニングから始めるのが良いと思いますか?」


SHIBATA「どんなトレーニングでも我流は危険。
特に体が急成長する高校生の時期に間違ったトレーニングをすると、
過剰な負担や疲労でケガする可能性大。できるだけ避けましょう。

信頼できるトレーニングのコーチの証である
1) NSCAの有資格者
2) (競技は問いませんが)大学や実業団以上で指導経験がある人
の指導を受けましょう。

1)のNSCAは"全米ストレングス&コンディショニング協会"の略称で、
アスリートのトレーニングの普及教育に力を入れている団体。
この団体発行の資格がある人は、
アスリートを指導する最低限の知識はあるので、
NSCAの発行するCSCSという資格を持っている人がベストです。

そしてできれば2)。
実践できる、チームに合ったプログラムを組むにはある程度の経験が必要だからです。

費用の心配もあるかと思いますが、
都道府県立等の公共トレーニング施設には、
実は大学・大学院で勉強してました、指導してました...
という指導者がいて、
施設利用料だけで指導してくれる事が多いので、
まずは近くの体育館に、指導者がいないか電話で聞いてみることを
お勧めします。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:

 
 

2015年3月17日 17:57

 
Check    
大きな挑戦、大きなピンチ、そんな時に己を奮い立たせる、
"自分に言い聞かす言葉"とは?今回はHAZEの言葉。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150318.jpg

「僕が言い聞かせる言葉は、『自分の方が上や』、です。
ちなみにオフェンス限定(笑)。
どんなレベルの相手でも、試合してる時は常に
"自分の方が上や"と思って攻めるようにしてます。
昔は相手がうまくて少しでも止められたら、すぐに萎縮しちゃって、
もっとああしたらよかったなぁとか、後悔して寝れないことがよくありました...。
でも強気で攻めて、それで完全に止められたんなら諦めがつくし、
練習、実力が足らないんやと思って、逆にやる気が出る。
だから今は、相手が素人でも同じレベルでもプロでも同じ、
自分の方が上やと思って仕掛けます!
それが得点につながって、結果勝てれば最高。
僕のプレイは派手さはないし、勝つことでしか存在を証明できないと思うので、
これからも強気に攻めていきます!」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年3月16日 10:25

 
Check    
長いバスケ人生の中で、一度は遭遇するであろうミラクル。
その取って置きの経験を、今回はHUMMERに語ってもらった。
(HOOPERSメルマガより)

HOOPERS_blog_150316.jpg

「今もこうしてバスケットボールを続けていられる事自体が、
奇跡に近いんじゃないかと思ってます。
これもバスケットを通じて出会った人達のお陰。
誰か1人でも欠けていたら、ここまで続けていられなかったかも知れない。
そう考えると、バスケットを通じて生まれた全ての出会い、
その瞬間が奇跡です。」

- Tag:
- Category:

 
 

2015年3月13日 13:59

 
Check    
HOOPERSオフィシャルトレーナー:SHIBATA(柴田明)が、
あなたのトレーニングやフィジカルに関する質問・お悩みに回答!
(HOOPERSメルマガにて連載中)

HIDETHEWALL_title_125.jpg

第125回「アメフトとバスケットボール」

Q. 「アメフトから学ぶことが多いとボーラーの人達が言っていますが、 具体的にはどんな点がバスケに役立ちますか?」


SHIBATA「アメフトはボディコンタクトが激しくスピードも速いため、
パワー・スピード・アジリティ・クイックネスなど
瞬発系の身体能力が競技力と直結しやすい競技。
そのため、アメフトの練習ではバスケには無い、
瞬発系を高める種目が多くあるので、練習方法が参考になる。

そして、ハイパワーを発揮している時の、
身体の使い方も試合などの映像を見て、参考にしているのだと思います。
近頃のバスケではスキルはもちろんですが、
より高い身体能力が求められるようになっているのかもしれませんね。

アメフトの練習で取り入れられている、
代表的な種目は Nike footballのYoutubeチャンネルで紹介されています。
https://www.youtube.com/channel/UCLTsfDOKrdzKMZ_KKjNGHOg/videos

特にアジリティトレーニングは参考になると思うので、じっくり見てみてください。」

※トレーナーSHIBATAへ質問したい方、アドバイスが欲しい方は、
info@hoopers.jp
までご連絡下さい。
毎週配信中のメルマガ内にて回答!
- Tag:
- Category:

 
 
<<PREV 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
NEXTGAMEスケジュール

NEWSニュース

aktrbana
e-supple
日本スポーツコート